前へ
次へ

保湿と紫外線カットが同時にできる乳液を取り入れよう

紫外線を浴びたお肌をそのままにしておくと、シミやそばかす、乾燥など、さまざまな肌ダメージに繋がります。
そのため、紫外線が強いと言われている春先から夏にかけて、日焼け止めクリームを化粧下地として使う人が多いと言われています。
でも、日焼け止めクリームはテクスチャーが濃いめになっているので、暑くなってくるとベタつきの原因になり、使いにくさを感じる人も多いようです。
毎日手軽で心地良い紫外線対策をしたいときは、UVカット機能を持つ乳液をスキンケアの際に取り入れてみると良いでしょう。
乳液が持っている保湿効果に加えて、紫外線をしっかりカットする機能が備わっているのがUVカット乳液です。
普段使っている乳液と同じように化粧水の後につけるだけなので、手軽に紫外線対策ができるのが大きな特長です。
また、日焼け止めクリームよりもテクスチャーがさらっとしていますし、白浮きする心配もないので、メイクをキレイに仕上げることもできます。
乾燥を防ぎ、紫外線からもお肌を守ることができるので、オールシーズン使えるのも魅力のひとつです。
上手に取り入れてみると良いでしょう。

Page Top